「海軍割烹術参考書」を当時のまま再現した洋食レストラン


松栄館について

明治37年開業の旅館「松栄館」の別館として建築され、舞鶴鎮守府初代長官の東郷平八郎をはじめ、旧海軍関係者が多く利用していた海軍御用達の老舗旅館。
この明治の面影を色濃く残す「松栄館」が立地している東地区は、「歴史的ストーリー『日本近代化の躍動を体験できるまち』として日本遺産に認定されているとともに、
日本イコモス国内委員会が「舞鶴の海軍施設と都市計画/生き続ける軍部の格子状道路と赤煉瓦の施設群」として「日本の20世紀遺産20選」にも選定されており、
当館はその構成資産である格子状街路の一つである四条富士通りに隣接している。
延べ約500平方メートルの木造2階建ての和洋折衷の建物は、現在では、明治の趣を残す建物として舞鶴フィルムコミッション等とも連携し、
「海賊と呼ばれた男」や「日本のいちばん長い日」等の映画のロケ地としても活用されている。

館内イメージ写真

受付
将軍様の孫
1階大広間
1階大広間
能舞台
2階個室
2階個室
2階個室
2階個室
previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider