「海軍割烹術参考書」を当時のまま再現した洋食レストラン


松栄館物語

海軍割烹術参考書を当時のまま再現したレストラン

 明治37年開業の旅館「松栄館」の別館として建築され、舞鶴鎮守府初代長官の東郷平八郎をはじめ、旧海軍関係者が多く利用していた海軍御用達の老舗旅館。
この明治の面影を色濃く残す「松栄館」が立地している東地区は、「歴史的ストーリー『日本近代化の躍動を体験できるまち』として日本遺産に認定されているとともに、日本イコモス国内委員会が「舞鶴の海軍施設と都市計画/生き続ける軍部の格子状道路と赤煉瓦の施設群」として「日本の20世紀遺産20選」にも選定されており、当館はその構成資産である格子状街路の一つである四条富士通りに隣接している。
約500平方メートルの木造2階建ての和洋折衷の建物は、現在では、明治の趣を残す建物として舞鶴フィルムコミッション等とも連携し、「海賊と呼ばれた男」や「日本のいちばん長い日」等の映画のロケ地としても活用されています。

海軍割烹術参考書

海軍割烹術参考書
「海軍割烹術参考書」のメニュー・レシピを再現。
日本遺産である「海軍割烹術参考書」等をもとに、日本でいち早く「洋食文化」が根付いた舞鶴の地で、近代日本の食文化の歴史を踏まえた海軍料理や西洋料理を高森氏、西尾氏の監修のもと再現し、”ほんまもん”を提供する。

※海軍割烹術参考書とは
旧日本海軍が調理の担当隊員を育成するために編成された教科書で、当時あまり馴染みのなかった洋食・和菓子までおよそ200種類もの調理方法が紹介されている。この原本が舞鶴海上自衛隊第四術科学校に大切に保存され、長年にわたり引き継がれてきました。

ほんまもんプロジェクト
松栄館は、長らく利用されず老朽化し、一時は解体 の危機も向かえたが、市民有志による保存・清掃活動が実施され、現在では、明治の趣を残す建物として舞鶴フィルムコミッション等とも連携し、「海賊と呼ばれた男」や「日本のいちばん長い日」等の映画のロケ地としても活用されている。
その建物を残す意味、そして活用する方法を模索してプロジェクトチームが平成29年に立ち上がった。色々な角度から舞鶴市を研究し、軍港のまちの発信も含め、維新150年事業としてスタートさせることに決定しました。

プロジェクトの想い…
☆海軍に由来する洋食文化「ほんまもん」の再現
西洋料理・テーブルマナー教室等
☆能舞台の活用
日本の伝統芸能の提供場所
☆お宝の展示
東郷平八郎など舞鶴ゆかりの人物にスポットをあて明治の紹介
☆地元に愛されるレストラン・食事場所
同窓会・お顔合わせ・法要後の会食etc
☆団体昼食場所
旅行者や団体ツアーのまちなかでの交流人口・滞留時間増

監修頂いた先生のご紹介

【高森直史氏】

【高森直史氏】

直伝レシピによる海軍カレー提供(海自カレーではなく海軍カレー)。

【高森直史(たかもり なおふみ)氏プロフィール】
熊本県出身。1965 年海上自衛隊幹部候補生学校卒業。舞鶴地方総監部経理長等を歴任。
元一等海佐。旧海軍料理書から「肉じゃが」のルーツを発掘し、舞鶴や呉の町おこしに協力。
海軍料理を通じて食文化普及、栄養相談等で活躍し、数々の著書を出版している。
主な著書
「海軍食グルメ物語」、「海軍料理おもしろ事典」、「海軍肉じゃが物語」
新刊『海軍カレー伝説…これがホントのはなし』

【西尾智治氏】

【西尾智治氏】

食文化の専門家である「辻学園調理・製菓専門学校」の西尾智治氏の監修。

【西尾智治(にしおともじ)先生プロフィール】
大阪府出身。現在、辻学園調理・製菓専門学校の西洋料理教授として、
プロ調理師育成活動に専心する一方、マスコミ界でも意欲的に活躍中。
特に食育活動や6次産業プロデュースに携わっている。

資格:なにわの名工、兵庫県匠他
その他の活動:各新聞社主催の料理講師及び料理教室講演会レギュラー講師。
各電力会社主催の料理講習会レギュラー講師

スタッフの想い

 海軍割烹術参考書をもとに日本でいち早く「洋食文化」が根付いた舞鶴の地で、大正末期から昭和初期の海軍 料理や西洋料理を再現し、本来の食文化、食生活を提供することで〝ほんまもん〟を後世に伝え、地域活性化を 図るとともに、歴史・文化・まちづくりの精神を次世代に引き継ぎたいと考えています。

〝さざれ石の設置〟
小さな石は私たち一人一人の事。小さな石が想いを一つにして、国や舞鶴を愛し、もっともっとよくしていかなければと願う尊い思いが、長年かけて集まって大きな巌となるよう、松栄館の〝ほんまもん プロジェクト〟の象徴として設置。”ほんまもん”は必ず残り、後世に引き継がれます。
そんな明治の精神を後世に伝え、日本の強みを再認識してもらいたいと思っています。

石垣牛について

 当時の牛肉と言えば、現在の様に、サシが入り柔らかい肉ではなく、赤身の多い噛みごたえのあるお肉でした。そのお肉を「松栄館」では、追い求め、広々とした土地でストレス無く育つ「石垣牛」にたどり着きました。

 牛はシェフが直接入札に立ち合い納得したもののみ仕入れています。このこだわりのお肉を一頭まるまる余すところなく使用しています。「肉々しい」「がっつり肉ですね」「懐かしい味ですね」と肉好きな方には喜ばれていますが、サシガ入った柔らかい肉に慣れた方には硬く感じられるようですので、柔らかいお肉がご希望の方は「柔らかいお肉で!!」とお声掛けください。石垣牛以外にはなりますが、お召し上がりいただけます。